京屋酒造有限会社 Kyoya Distiller & Brewer Co.,Ltd.

Facebook



もつ鍋と焼酎!

この記事のコメントを表示



こんにちは。ちえです。
今晩は野菜たっぷり、もつ鍋をつくってみました。

といっても、キャベツ・ニンニク・輪唐辛子・もつ・ニラを、市販のもつ鍋用スープで煮込むという簡単なものですけどね。

簡単で安くて、野菜をたっぷり食べられるのでとてもいいですよ!

さて、これにあわせたのはスーパーライトかんろです。

こちらは度数が20度とマイルドな焼酎です。マイルドな中にも芋の甘みが活きていて、これが、もつ鍋のキャベツの甘みともマッチしていて美味しかったです!











楽しい

ちえ

2007/02/10 21:03:51

http://www.sakezuki.net/blog/


スーパーライトかんろ





スタッフドゴーヤー


この記事のコメントを表示








ゴーヤーのわたをとり、レンジでチンしてやわらかくし、中にハンバーグの具を加えて焼きました。

ソースは肉汁にケチャップ、中濃ソースを加えて煮詰めたもの。

ソースと絡めて食べると、ほろ苦いゴーヤー
と肉汁の旨み、ソースの甘みがあいまって美味しいです。どんどんご飯がすすみます。

こちらの料理はしっかり味が濃いので、
その濃さに負けないよう、黒麹・高温蒸留で
造られている「時代蔵かんろ」をロックで
あわせたいですね。

時代蔵のビシッとしまりがある味わいが、
ひき肉の脂もすっきり流してくれます。











ほろ酔い

ちえ

2007/02/18 21:54:21

http://www.sakezuki.net/blog/


京屋時代蔵かんろ





かんたん焼きチーズのおつまみ


この記事のコメントを表示








こんにちは。ナビゲーターのちえです。こちらで様々なレシピを皆様と一緒に考えていきたいので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回ご紹介するのは「焼きチーズのおつまみ」です。

こちらは簡単にささっとできて、
すぐに飲めるのが魅力のおつまみです。

【材料】
■パルミジャーノチーズ(かたまり):適量
■人参、きゅうり、長ネギ:適量

【作り方】
■パルミジャーノは薄く削っておく
■人参、きゅうり、長ネギは千切りにする
■テフロン加工のフライパンを熱し、
パルミジャーノを直径5cm位にまるく
のせ、焼く
■パルミジャーノがフツフツとしてきて、
ふちが固まってきたら、裏返して
さっと焼く
■焼きあがったチーズがアツアツのうちに、
千切り野菜を包む

チーズなのに、歯ごたえがしっかりした
不思議な食感なおつまみです。

チーズを焼いて、野菜を包むだけなので、
家に帰ってすぐに飲みたい!ってときにも
便利ですよ。

ぜひお試しくださいね。

焼酎は、風味があっさりとした甕雫
とあわせるといいと思います。

日本酒や白ワインにも良く合いますよ。











すぐに飲みたい

ちえ

2007/02/04 14:39:17

http://www.sakezuki.net/blog/


甕雫





チーズフォンデュの隠し味に焼酎を


この記事のコメントを表示








友人が家に遊びに来たので、チーズフォンデュを作りました!

本場のチーズフォンデュはキルシュというさくらんぼのお酒を仕上げに入れるのですが、今回は焼酎を入れました。

キルシュは高アルコール&香りがよいお酒なので、比較的高いアルコール&香りがしっかりしている35度 甘露や、かんろ原酒がおすすめです。(今回は家にあった、スーパーライトかんろを入れました)

■材料(4〜5人分)
エメンタールチーズ 200g
グリュイエールチーズ 200g
ゴーダチーズ 100g
片栗粉 大さじ1.5杯
辛口白ワイン 200cc
焼酎(香りがよく、度数が高いもの)大さじ2
胡椒 適量
好みの野菜、シーフード、ソーセージなど 適量
にんにく 1/2かけ

■作り方
1.好みの野菜・シーフードはゆでたり、焼いておく
2.チーズはこまかくおろすか、刻んで片栗粉をまぶしておく
(ピーラーや、フードプロセッサーでもOK)
3.にんにくはこまかく刻んでおく
4.厚手の鍋ににんにく・ワインを加え、沸騰させないように熱する(お酒が苦手な方、子供用はここで煮詰めてアルコールをとばしますが、私は煮詰めずにあえてアルコール分を生かします)
5.チーズを少しずつ加えては溶かしていく
6.全部チーズが溶けたら焼酎・胡椒を加えて出来上がり。カセットコンロなどをテーブルに用意し、弱火でグツグツさせながら野菜をからめて召し上がれ☆

お酒がきいていて、これだけでほろ酔いになっちゃいます…でも美味しい!

野菜もたっぷり食べられるので満足です。











ほろ酔い

ちえ

2007/02/26 21:42:53

http://sakezuki.net/blog/


甘露





おび天のトルティーリャ


この記事のコメントを表示








今回は、宮崎県飫肥(おび)地方名産の「飫肥天(おびてん)」を使ったトルティーリャ(卵焼き)をつくってみました。

飫肥天は魚のすり身に豆腐、黒砂糖が入ったさつま揚げみたいなものです。

味わいは少し変わりますが、さつま揚げや、静岡名産黒はんぺんを使っても作れますよ。

■レシピ(4人分)
材料:
卵Mサイズ6個
飫肥天5枚
だし汁(鰹):100cc
サラダ油:大さじ3

作り方:
1.ボールに卵を割りいれ、飫肥天をサイコロ状に切ったもの、だし汁を加えてよくかき混ぜる
2.強火で熱したフライパンにサラダ油を加えてさらに熱し、1を一気に加える
3.軽くかき混ぜて周りがかたまってきたら弱火〜中火にし、そのまま中身が固まるまで熱する(約15〜20分かかる)
4.ひっくり返せそうな固さになったら、一気にひっくり返してさらに5分程度、表面がきつね色になるまで焼き上げる

こちらはほんのり甘くて懐かしい味がします。しっかり、厚焼にするのがポイントですよ。

あわせる焼酎は高温蒸留・白麹で芋の味がしっかりしていてフルーティな甘みがある特選かんろのロックがおすすめです。

卵のほっとする甘さにもよく調和して美味しいですよ。











楽しい

ちえ

2007/03/04 21:29:37



特撰かんろ





牛肉のニンニク風味焼


この記事のコメントを表示








今回は、牛肉をフルーツだれに漬け込んだものをフライパンで焼き、ニンニクチップをまぶしてみました。

スパイシーでパンチがあるこの料理には、スーパーライトかんろを冷蔵庫で冷やしてストレートであわせるのがおすすめです。スーパーライトかんろの、低温蒸留・白麹のさわやかさが、ニンニクのクセを洗い流してくれますよ。

■材料(2人分)
【にんにくチップ用】
にんにく 1かけ
油:50cc

【焼肉用】
焼肉用牛カルビ 150g
りんご 1/2個
玉ねぎ 1/2個
しょうが 1かけ
醤油 大さじ4
みりん 大さじ1
油 大さじ1

■作り方
1.にんにくチップを作る。にんにくをみじん切りにし、160度くらいの油でじっくりと、表面がきつね色になるまで揚げ、キッチンペーパーなどで余分な油を切っておく

2.ボールにりんご、たまねぎ、しょうがをすりおろし、醤油、みりんを加えてよく混ぜる。そこに牛カルビ肉を入れ、15分程度漬け込む

3.フライパンを熱して油をしき、2.を軽く水気を切って、表面に焼色をつけるようにさっと焼く(表面についてくるりんごや玉ねぎのすりおろしはそのまま焼いてしまう)

4.3が焼きあがったら1のにんにくチップをパラパラとかけ、できあがり

にんにくの風味が食欲をそそります!
にんにくチップを揚げた油は、ガーリックオイルとして料理に使うと旨みが増して美味しいですよ。











呑みたい

ちえ

2007/03/11 18:02:24

http://www.sakezuki.net/blog/


スーパーライトかんろ





モッツァレラチーズの味噌漬け


この記事のコメントを表示








以前「焼酎百景 酒草子」でも紹介したレシピを、さらに進化させました。

材料(チーズ1個分)
■みそ 250g(今回は豆みそを使用)
■本みりん 大さじ5
■焼酎 大さじ3(今回はスーパーライトかんろを使用)

作り方
1.モッツァレラチーズ1パックは、ペーパータオルで水気をよく切り、乾いたペーパータオルを1枚巻く
2.容器に味噌、焼酎、みりんを入れてよく混ぜ、ペースト状にする
3.2を1に塗りつけて、タッパーなどに入れて半日程度冷蔵庫におく

ミルクの甘みと、味噌の風味がよく合う一品です。

こちらは睡蓮のロックとあわせてみました。アルコール度数が32度と高めなので、氷をたっぷりグラスに入れ、氷が溶け気味のところに注ぎます。

睡蓮は、黒麹と白麹のブレンド焼酎。舌にやわらかい甘みがあたり、この甘みがミルクの甘みとよく合います。











ほろ酔い

ちえ

2007/03/21 17:34:27

http://www.sakezuki.net/blog/


睡恋





茹で落花生


この記事のコメントを表示








茹で落花生、召し上がったことがありますか?
乾燥落花生もいいけれど、生の落花生を茹でた「茹で落花生」も、ホクホクしていて甘くって、とても美味しいです。

今は生の落花生の旬ではないのでなかなか手に入らないかもしれませんが、手に入るようになったらぜひ作ってみてくださいね。

茹で落花生には、樽で40年熟成させた米焼酎、「悠久の時」の、バニラのような樽香が良くあいます。ロックで、氷を少し溶かしたところに少し注いでちびちびと舐めるように飲むのが良いですね。

■材料
生落花生:一枝
水:1.5リットル程度(落花生の量によって変える。落花生がぜんぶ水に浸る量)
塩:海水程度の濃さになる量

■作り方
1.生落花生は殻ごと、良く洗っておく
2.大きい鍋に水を入れ、塩を加える
3.鍋に落花生を入れ、中〜強火で30分茹で、火を止めて30分間、そのまま鍋に入れておき塩味をなじませる

ゆでたてのホカホカは格別です!冷めた後、冷蔵庫で冷やしても美味しいですよ。











楽しい

ちえ

2007/03/25 13:55:24

http://www.sakezuki.net/blog


悠久の刻





ささみとネギの中華風サラダ


この記事のコメントを表示








先日弟宅に遊びに行ったとき、弟のお義母さんに教わったレシピをアレンジしてみました。これはお酒がすすみますよー。

ザーサイの塩気により塩の量は調節してください。

■材料
小ネギ(なければ万能ネギ):1束
鶏ささ身:170g
ごま油:大さじ1〜2
酒:100cc
水:300cc
塩:少々
煎り白ごま:大さじ2
ザーサイ:50g

■作り方
1.小ネギは良く洗い、長さ4cm程度にきっておく
2.ザーサイは粗めのみじん切りにする
3.鍋に水、酒を入れて煮立て、ささみを加えて火が通るまで茹でる
4.茹で上がったささみを手で食べやすくちぎる
5.ボールにささみ、小ネギ、ザーサイを加え、ごま油、いりごまを加えて混ぜ合わせ、味を見ながら塩で整える

淡白なささみと、香り豊かなゴマの風味、ザーサイの旨みがとても美味しい一品です。

こちらには、白麹、低温蒸留、麦が原料となる、さらりとしてクセがない麦笛をロックであわせてみました。

ゴマの風味や油を、麦笛がリセットしてくれるのでどんどん食がすすみますよ。











ほろ酔い

ちえ

2007/04/07 17:28:09

http://www.sakezuki.net/blog/


麦笛





ホワイトアスパラガスのペペロンチーノ


この記事のコメントを表示








家にあったホワイトアスパラガスを入れて、ペペロンチーノを作りました。菜の花やグリーンアスパラを入れても美味ですよ。

■材料(2人分)
乾燥スパゲッティ(細め):200g
ホワイトアスパラガス:1束
にんにく:1かけ
オリーブオイル:大さじ4
唐辛子の輪切り:大さじ1
乾燥パセリ(あれば生イタリアンパセリ):大さじ3(イタリアンパセリならひと束)
塩・胡椒:適量

■作り方
1.鍋にたっぷりの水と塩(分量外:1リットルに対して10g程度)を入れ、火にかける
2.にんにくはみじん切りにし、ホワイトアスパラは4cm程度の大きさに切っておく
3.火にかける前のフライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れ、弱火にかける
4.3.でにんにくの香りがよくでてきて、ふつふつと小さい泡が出てくるようになったら、ホワイトアスパラを入れて炒める
5.1にスパゲッティを入れ、茹で、時間になったら上げておく
6.4.に5.の茹で汁を大さじ3程度入れ、5.を加えてまぜあわせ、味をみながら塩・胡椒で味を調える

にんにくの香り・唐辛子のパンチが利いているこの料理には、黒麹の味わいと、洋酒のような洗練された風味が活きている京屋時代蔵 麦笛をロックであわせるのがオススメです。











ほろ酔い

ちえ

2007/04/15 22:34:26

http://www.sakezuki.net/blog/


京屋時代蔵麦笛





筍と水菜のさっと煮


この記事のコメントを表示








筍をもらったので、水菜、油揚げと一緒にさっと煮てみました。ほっとする味です。

■材料(約4人分)
筍の水煮:250g
水:600cc
鰹節:片手で一掴み
昆布:5cm
油揚げ:2枚
水菜:1束
醤油:大さじ4〜5杯(味をみて調節)

■作り方
1.油揚げは熱湯をかけ油抜きし、短冊切りにする
2.筍の水煮は食べやすい大きさに切っておく
3.だし汁を作る。水と昆布を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら鰹節を一気に加え、ひとにたちさせて漉す
4.3でできただし汁を鍋にもどし、筍と油揚げ、醤油を加え、弱〜中火で煮ふくめる(約10分程度)
5.水菜を洗い、5cm幅に切ったものを4に入れてひとにたちさせたらできあがり

水菜と筍のやさしい風味を生かす、河童の誘い水をロックで合わせるのがオススメです。











ほろ酔い

ちえ

2007/05/02 20:43:09

http://www.sakezuki.net/blog/


河童の誘い水





ビーフシチューと焼酎


この記事のコメントを表示








洋風な料理と焼酎は、果たして合うか?と思い、試してみました。

ビーフシチューは、市販のルーを使っていますので気軽に楽しめます。

■材料(約4人分)
牛肉(カレー・シチュー用):780g
バター:20g
ナツメグ:小さじ1/2
ローリエ:2枚
赤ワイン:150cc
塩・胡椒:適量
ビーフシチューのルー:1箱
人参:1本
玉ねぎ:1個
ブロッコリー:1/2個

■作り方
1.牛肉は、圧力鍋に入れてひたひたになるくらい水を加え(水は分量外)、中火にかける。沸騰して圧力がかかってから15分そのまま火にかけ、火を止める。鍋が冷めて蓋が自然に開くまで冷ます
2.人参、玉ねぎ、ブロッコリーは食べやすい大きさに切っておく。ブロッコリーは熱湯で2〜3分程度茹でておく。
3.鍋にバターを弱火で溶かし、玉ねぎ・人参を入れて炒める。油がなじんだら、1の牛肉と赤ワイン、ローリエ・ナツメグを加えて煮込む。
4. アクを取り除きながら人参がやわ楽なる間で煮込み、火を止めてルーを少しずつ加えて溶かす。最後に塩・胡椒で味を調えてできあがり。

洋風のこの料理には、樽で長期間寝かせた「悠久の刻」を、ロックであわせるのが合います。バターや牛肉の濃厚な味と共鳴します。











ほろ酔い

ちえ

2007/05/06 00:13:49

http://www.sakezuki.net/blog/


悠久の刻





ちえ流トムヤムクン


この記事のコメントを表示








トムヤムクンペーストが家になかったので、麻辣醤(マーラージャン)を使って作ってみました。代わりに豆板醤でもできると思いますので試してみるのも良いと思います。
うずらとか、ベビーコーンとか、普段のトムヤムクンに入れないものも入れてみました。
本格派トムヤムクンじゃないですが、なかなか美味しかったです。

■材料(6人分:24cmの鍋1台分)
水:1.5リットル
乾燥レモングラス:20本程度
スターアニス(八角):2個
生姜:20g
にんにくすりおろし:小さじ1
鷹の爪:7本
ココナツミルク:大さじ5
ウェイパァー(半練りタイプ中華だし):大さじ3
麻辣醤(もしくは豆板醤):小さじ4
うずらの卵(ゆでたもの):5個
ベビーコーン(ゆでたもの):50g
筍(ゆでたもの):40g
玉ねぎ:大1
ナムプラー:大さじ5
レモン:3個
むきえび:400g
ブラウンマッシュルーム(あれば、フクロダケ):1パック
香菜(シャンツァイ):好みで

■作り方
1.鍋に水・生姜の千切り、にんにくのおろし、鷹の爪、レモングラス、マッシュルームを軽く洗って半分に切ったもの、ココナツミルクを入れて煮立てる
2.煮立ったら、ウェイパァー、麻辣醤を加えて、さらに煮込む
3.うずらの卵、ベビーコーン、玉ねぎのくし切り、筍を一口大に切ったものを加え、玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む
4.仕上げにナムプラー、レモンの絞り汁を入れて味をととのえ、最後に香菜を4cm程度に切ったものを添えて出来上がり

ココナツミルクが入っているこの料理には、ココナツで出来た椰子の詩がおすすめです。

トムヤムクンの体中を刺激する辛さを和らげるためにもロックで飲んでみると、椰子の詩の甘みがより引き立ち、相互作用でとっても美味しくなりますよ。












楽しい

ちえ

2007/05/13 19:42:03

http://www.sakezuki.net/blog/


椰子の詩





ひたし豆と新たまねぎのマリネサラダ


この記事のコメントを表示








初夏向けにお酢を使ったサッパリ料理です。オリーブオイルはいいものを使いましょう。(できればエクストラバージンで)
塩の代わりにクレイジーソルトを使ったり、好みのドライハーブを加えても美味しいです。

■材料(4人分)
ゆでたひたし豆(青大豆):300g
新玉ねぎ:大1個
オリーブオイル:50cc
米酢(白ワインビネガーでも可):70cc
塩:小さじ1弱(味をみて調整)

※乾燥ひたし豆(青大豆)を茹でるときは、良く洗って前日に豆の分量の三倍の水を入れ、一晩おいたものを強火で沸騰させた後弱火にし、アクをとりながら1時間程度やわらかくなるまで煮て、煮汁ごと冷ましたものを使います。

■作り方
1.玉ねぎはみじん切りにし、さらしや水に強いキッチンペーパーに包んで水でもみながら洗う。ヌメリがとれたらよく搾り、ボールに入れる
2.1にひたし豆、オリーブオイル、酢、塩を加え、良く混ぜる
3.15分程度なじませたらできあがり(冷蔵庫で数時間寝かせると、さらに味がしみます)

こちらには、(種類を選べなかったので甕雫にしましたが)山田錦を使用した上品な味の「空と風と大地と」を、1:1の水割りであわせるのがオススメです。フルーティな味わいが、お酢の酸味、玉ねぎの辛味、ひたし豆の甘みをすっきりとまとめてくれます。もちろん、甕雫にも良く合います。











ほろ酔い

ちえ

2007/05/26 15:47:53

http://www.sakezuki.net/blog/


甕雫





ふわふわハンバーグ、しそおろし醤油


この記事のコメントを表示








ハンバーグを夏向けにサッパリと、
しそおろし醤油をかけていただきました。
玉ねぎとパン粉を多めに使い、ふんわり
させるのが、ちえ流です。
玉ねぎとパン粉を多めに使う分、
まとまりにくいので焼くときには
ご注意くださいね。

材料(4人分)
■あいびき肉 300g
■玉ねぎ 1個
■卵 1個
■パン粉 50g
■塩・こしょう 少々
■醤油 適量
■大根 4分の1本
■青しそ 4枚

作り方
1.大根をおろし金ですり、軽く水切りしたものに、青じそを千切りしたものを加えておく。
2.ボールにパン粉を入れ、玉ねぎのすりおろしを、水分ごと入れてふやかしておく。
3.2.のボールにひき肉、卵を加えてよく練る。粘りが出てきたら、塩・胡椒を加えてさらに混ぜる
4.フライパンを中火で熱し、油を薄くひく。
5.3.を楕円形で真ん中にくぼみをつけて形作り、4.に入れて焼く。両面がきれいに焦げ目がつくくらいに焼いたあと、水(分量外)を大さじ2杯程度加え、蓋をして蒸し焼きにし、中までしっかり火を通す。
6.ハンバーグが焼きあがったらお皿に載せ、1をこんもり載せて醤油を適量たらして出来上がり。

豚肉には芋焼酎が良く合うことは「黒酢の酢豚」のところで書きました。今回のハンバーグはサッパリとした大根おろしとあわせたので、低温蒸留で芋の香りが控えめ、さらりとしたのみ口の「河童の誘い水」のロックと合わせたところ、ピッタリでした。











楽しい

ちえ

2007/07/16 21:14:34

http://www.sakezuki.net/blog/


河童の誘い水





新ごぼうとこんにゃくのピリカラ炒め


この記事のコメントを表示








手作りのこんにゃくをいただいたので、新ごぼう、牛肉と一緒に炒めてみました。ご飯にも良く合う一品です。

ごぼうはこんにゃくと一緒に炒めると、こんにゃくの成分で緑に変色します。体には影響はありませんが、気になるようでしたら、ごぼうは水によくさらしてください。

(でも、ごぼうはさらしすぎると旨みも水に流れてしまうので、見た目は美しくないですが、あまりさらさないことをおすすめします)

■材料(約6人分)
ごぼう:大1本(約250g)
こんにゃく:400g(市販のこんにゃく1.5〜2パック分程度
牛肉の薄切り:100g
醤油:大さじ2(味をみて調整)
塩・胡椒:適量(味をみて調整。胡椒は多め)
サラダ油:大さじ2
七味(または一味)唐辛子:適量

■作り方
1.こんにゃくは熱湯で数分茹で、冷まして短冊切り
2.ごぼうは良く洗い、皮つきのままささがきにしておく。(変色が気になるようなら、ここで水にさらしておく)
3.フライパンか厚手の鍋を熱し、油をひいて最初にごぼうをいためる。ごぼうの香りが土っぽいところから甘い香りに変わってきたところでこんにゃくを加え、こんにゃくの水分が飛んできたら牛肉を加えてさらにいためる。
4.鍋肌にかかるように、ジュワッと醤油をまわしかけ、香ばしさをつける。
5.塩・胡椒で味つけをし、食べる直前に七味唐辛子をかける

新ごぼうの香り・歯ごたえを楽しむために、低温蒸留・白麹でクセがなく飲みやすいそば焼酎
「泰平踊」を、5:5の水割りで試してみました。

料理の邪魔をせず、スッキリと飲めて美味しかったです。

また、麦焼酎「風に立つ」の水割り(5:5)もオススメです。ごぼう本来の甘みと、風に立つの甘みが相乗しておいしいですよ。











楽しい

ちえ

2007/06/04 23:14:13

http://www.sakezuki.net/blog/


風に立つ





新ごぼうとこんにゃくのピリカラ炒め


この記事のコメントを表示








手作りのこんにゃくをいただいたので、新ごぼう、牛肉と一緒に炒めてみました。ご飯にも良く合う一品です。

ごぼうはこんにゃくと一緒に炒めると、こんにゃくの成分で緑に変色します。体には影響はありませんが、気になるようでしたら、ごぼうは水によくさらしてください。

(でも、ごぼうはさらしすぎると旨みも水に流れてしまうので、見た目は美しくないですが、あまりさらさないことをおすすめします)

■材料(約6人分)
ごぼう:大1本(約250g)
こんにゃく:400g(市販のこんにゃく1.5〜2パック分程度
牛肉の薄切り:100g
醤油:大さじ2(味をみて調整)
塩・胡椒:適量(味をみて調整。胡椒は多め)
サラダ油:大さじ2
七味(または一味)唐辛子:適量

■作り方
1.こんにゃくは熱湯で数分茹で、冷まして短冊切り
2.ごぼうは良く洗い、皮つきのままささがきにしておく。(変色が気になるようなら、ここで水にさらしておく)
3.フライパンか厚手の鍋を熱し、油をひいて最初にごぼうをいためる。ごぼうの香りが土っぽいところから甘い香りに変わってきたところでこんにゃくを加え、こんにゃくの水分が飛んできたら牛肉を加えてさらにいためる。
4.鍋肌にかかるように、ジュワッと醤油をまわしかけ、香ばしさをつける。
5.塩・胡椒で味つけをし、食べる直前に七味唐辛子をかける

新ごぼうの香り・歯ごたえを楽しむために、低温蒸留・白麹でクセがなく飲みやすいそば焼酎
「泰平踊」を、5:5の水割りで試してみました。

料理の邪魔をせず、スッキリと飲めて美味しかったです。

また、麦焼酎「風に立つ」の水割り(5:5)もオススメです。ごぼう本来の甘みと、風に立つの甘みが相乗しておいしいですよ。











楽しい

ちえ

2007/06/04 23:16:14

http://www.sakezuki.net/blog/


風に立つ





ひと手間黄身の、めかぶとろろ


この記事のコメントを表示








梅雨入りしたのに、真夏のような日々が続きますね。

そんなときは、つるつるっと、こんな料理はどうですか?火を使わないので涼しくてカンタン、のどごし良くてどんどん食が進みますよ。黄身をひと晩醤油漬けにすると、黄身にコクがでます。

■材料(1人分)
めかぶ:適量
山芋(好みで大和芋):適量
卵の黄身:1個
醤油:適量(卵の黄身が浸るくらい)

■作り方
1.前日に黄身を醤油につけておく
2.山芋はすりおろす
3.器にめかぶ、とろろ、黄身を乗せ、黄身を漬けておいた醤油を適量かける

これはご飯にかけてもいいし、お酒のツマミにももってこいです。

泰平踊の水割(焼酎6:水4)にあわせるのがオススメです。そばとめかぶ、とろろが良く合うせいか、そば焼酎との相性がよいのでお試しくださいね!











楽しい

ちえ

2007/06/16 22:44:44

http://www.sakezuki.net/blog/


泰平踊





メロンに合うお酒を追求


この記事のコメントを表示








いただきものの甘〜いメロン。
これを、お酒を使ってさらにおいしくいただくことはできるのか!?というテーマに挑戦しました。

ヘベスロンド(芋焼酎の原酒に宮崎特産の平兵衛酢を漬け込んだリキュール)、金柑寿(麦焼酎に金柑を漬け込んだリキュール)、悠久の刻(米焼酎の40年貯蔵もの)と、3種類で試してみました。

その中で一番良く合ったのが、へベスロンドでした!


■材料&作り方
メロン:適量
ヘベスロンド:適量
メロンを一口大に切り、ヘベスロンドを
さっとまわしかけるだけ!カンタン!

ヘベスロンドをメロンにかけると、なぜかミントに似た爽やかな味が加わって夏向けのデザートになりました。メロンのフルーティな甘さが、ヘベスロンドをかけたおかげでいっそう引き立ちます。

かんたん、美味しいこのレシピ、試してみてくださいね!












ちえ

2007/06/24 18:18:01

http://www.sakezuki.net/blog/


NAMENAME





ささみとアボカドのサラダ


この記事のコメントを表示








淡白なささみと、濃厚なアボカドの組み合わせです。すりおろして少し加えたにんにくと、万能ネギがアクセントです。

■材料(約4人分)
アボカド(完熟):2個
ささみ:140g(3本程度)
日本酒:100cc
塩・胡椒・醤油:適量
にんにく:1/2個
万能ネギ:適量
レモン汁:大さじ1

■作り方
1.鍋に水を500ml(分量外)、日本酒を加え、火にかける。沸騰したらささみをそのまま入れて、5分程度中まで火が通るまでゆでる。茹で上がったらザルにあけ、触れるくらいの温度に冷めたら手で食べやすい大きさにさく
2.アボカドはサイコロ状に切る
3.ボールに1、2を加え、レモン、にんにくのすりおろしを加え混ぜた後、塩・胡椒・醤油を少しずつ味を見ながら加える
4.万能ネギは細かく刻み、3を皿に載せた後にちらして完成。(好みで、一緒にボールに入れて混ぜ込んでもOK)

こちらは泰平踊のロックに良くあいます。ネギやにんにくといった薬味、アボカドの濃厚な脂肪が、そば焼酎の香ばしい風味と共鳴します。











ほろ酔い

ちえ

2007/07/02 23:02:01

http://www.sakezuki.net/blog/


泰平踊





黒酢の酢豚


この記事のコメントを表示








下味に特選かんろを使用しました。お肉がやわらかく、美味しくなりました!

■材料(約4人分)
豚ブロック(カレー用):280g
塩(肉の下味用):小さじ1/4
胡椒(肉の下味用):少々
焼酎(肉の下味用):大さじ5
うずらの卵水煮:5個
筍の水煮:150g
人参:1本
玉ねぎ:1個
ピーマン:4個
豚肉揚げ用油:適量
にんにく:1かけ
しょうが:1かけ

【以下、調味用】
焼酎:大さじ2
黒酢:大さじ8
ケチャップ:大さじ6
オイスターソース:大さじ1/2
片栗粉:大さじ1.5
水(片栗粉を溶く用):大さじ1.5
塩・胡椒:少々

■作り方
1.豚肉はボールに入れ、焼酎・塩・胡椒をかけてもみこみ、15分程度そのままにしておく
2.1.を軽く水きりし、片栗粉(分量外)をまぶして170の油で中に火が通るまで上げ、油を切ってさましておく
3.野菜を切る。人参は乱切り、ピーマン・筍は食べやすい大きさに。玉ねぎはくし切りにする。人参だけ、3〜4分熱湯でゆでておく。にんにく、しょうがはみじん切りにしておく
4.フライパンに油をしいて熱し、にんにく、しょうがを加える。香りがたってきたら、肉をいため、その後、にんじん、たまねぎ、たけのこ、ピーマンの順に強火で炒めていく。
5.火が通ったら中火にし、焼酎、黒酢、ケチャップ、オイスターソースを小さい容器に入れてまぜあわせたものをまわしかけ、さらに炒める
6.水溶き片栗粉をまわしかけ、ざっとかきまぜ、塩・胡椒で味を調えて完成

豚肉の脂は、調理をすると穀類が熟成したような香りがします。この香りが芋焼酎と相性が良いので、豚肉を使った料理には芋焼酎が良く合います。

芋焼酎のスタンダード、特選かんろと酢豚は文句なく良く合いました。ロックでいただくのがおすすめですよ。












ちえ

2007/07/09 17:15:59

http://www.sakezuki.net/blog/


特撰かんろ





豚肉のしょうが焼き&梅しそ巻き焼き


この記事のコメントを表示








私の住む東京では、やっと梅雨があけました。
どんどん暑くなっていく中、お肉でスタミナをつけたい!

でも胃に負担にならない、さっぱりしたものが食べたい!と思い、こんな豚肉料理を2種類作ってみました。

さっぱりとして食がすすみますよー。

【豚肉のしょうが焼き&梅しそ巻き焼き】

■材料
*しょうが焼き:1人分
豚肉(もも薄切り):100g
しょうが:親指2本分くらいの大きさ
醤油:大さじ1
焼酎:大さじ1

*梅しそ巻き焼き:1人分
豚肉(もも薄切り):100g
塩・胡椒:少々
梅干(果肉がやわらかいもの):大2個
大葉:5枚程度

■作り方
*しょうが焼き
ボールにしょうがをすりおろし、醤油、焼酎を入れて混ぜ合わせたものに豚肉を5分程度漬け込み、中火で油をひいたフライパンで、焼色がうっすらつくまで焼くだけ

*梅しそ巻き焼き
豚肉を広げ、軽く塩・胡椒をしたあとに、梅をペースト状にしたものを薄く塗りつけ、大葉を載せて端からクルクルと巻き込み、とじめを下にして中火で油をひいたフライパンで、中まで火が通るまで焼くだけ

しょうが焼きは辛味のパンチと醤油のこげた香ばしさがあるので、高温蒸留でエキスがしっかり出た焼酎にも負けません。特選かんろのロックや水割りがおすすめです。

梅しそ巻き焼きは、あっさり、さっぱりとした風味があるので、低温蒸留でやさしい味が合います。甕雫のロックが良く合います。

お試しください!











ほろ酔い

ちえ

2007/08/02 22:51:19

http://www.sakezuki.net/blog/


甕雫





特製薬味&めんつゆのそうめんと、焼酎のソーダ割り


この記事のコメントを表示






毎日毎日、残暑厳しいですね…。外にでると焦げちゃうんじゃないか、ってくらいの暑さです。

そんな日々が続くと、あまり火を使わずに、さっぱりしたものが欲しくなります。

そんなときにはそうめん!

今回は爽やかな薬味と、めんつゆを手作りしてます。

焼酎はシュワッと爽やかに、ソーダ割りにしてみたところ大成功!そうめんに良く合いました。私は濃いお酒が好きなので、かんろ原酒をソーダ割りにしてみましたが、麦焼酎の度数が少し高めのものにも良く合いますよ。

■材料&作り方(作りやすい量)
【薬味】
長ねぎ 葉っぱの青いところを含め1/2本
みょうが 3個
生姜 ひとかけ(親指程度の量)
大葉 20枚程度
練り梅 適量

薬味の作り方:長ねぎ、みょうが、生姜、大葉をそれぞれみじん切りにしてあわせるだけ!
保存はタッパーに、水でぬらして搾ったクッキングペーパーを敷き、入れておけば2〜3日は持ちます。

※私はフードプロセッサーでガーっと作ってしまいます。フードプロセッサーを使うときは、1生姜、2長ねぎ、3みょうが、4大葉の順に入れるのがオススメです。みょうがと大葉は細かすぎないほうが美味しいので

【手作りめんつゆ】
■材料(作りやすい量)
醤油:150cc
本みりん:150cc
花かつお:一握り
昆布:4cm程度

■作り方
1.鍋に醤油、本みりんを入れ、中火にかける
2.ふきこぼれる寸前にとろ火にして、花かつおを加えてすぐに漉す
3.保存容器に2を入れ、昆布を加えて冷めるまでおいておく

こうしてできためんつゆは、そのままでは濃いので好みで水で割ってください(大体5:5くらいが目安)

めんつゆに薬味をたーっぷりと入れておき、そうめんにちょん、と練り梅をつけてからこのつゆに浸して食べると、ひやーっと涼しくって、食べているときは暑さを忘れちゃいますよ。

オススメです!

しらふ
ちえ
2007/08/15 22:47:04
http://www.sakezuki.net/blog/

かんろ原酒

Menu

料理と京屋酒造の焼酎一覧


特製薬味&めんつゆのそうめんと、焼酎のソーダ割り (0)
ちえ[2007/08/15 22:47:04]

豚肉のしょうが焼き&梅しそ巻き焼き (0)
ちえ[2007/08/02 22:51:19]

ふわふわハンバーグ、しそおろし醤油 (0)
ちえ[2007/07/16 21:14:34]

黒酢の酢豚 (0)
ちえ[2007/07/09 17:15:59]

ささみとアボカドのサラダ (0)
ちえ[2007/07/02 23:02:01]

メロンに合うお酒を追求 (0)
ちえ[2007/06/24 18:18:01]

ひと手間黄身の、めかぶとろろ (0)
ちえ[2007/06/16 22:44:44]

新ごぼうとこんにゃくのピリカラ炒め (0)
ちえ[2007/06/04 23:16:14]

新ごぼうとこんにゃくのピリカラ炒め (0)
ちえ[2007/06/04 23:14:13]

ひたし豆と新たまねぎのマリネサラダ (1)
ちえ[2007/05/26 15:47:53]

ちえ流トムヤムクン (0)
ちえ[2007/05/13 19:42:03]

ビーフシチューと焼酎 (1)
ちえ[2007/05/06 00:13:49]

筍と水菜のさっと煮 (0)
ちえ[2007/05/02 20:43:09]

ホワイトアスパラガスのペペロンチーノ (0)
ちえ[2007/04/15 22:34:26]

ささみとネギの中華風サラダ (0)
ちえ[2007/04/07 17:28:09]

茹で落花生 (1)
ちえ[2007/03/25 13:55:24]

モッツァレラチーズの味噌漬け (0)
ちえ[2007/03/21 17:34:27]

牛肉のニンニク風味焼 (0)
ちえ[2007/03/11 18:02:24]

おび天のトルティーリャ (0)
ちえ[2007/03/04 21:29:37]

チーズフォンデュの隠し味に焼酎を (2)
ちえ[2007/02/26 21:42:53]

スタッフドゴーヤー (2)
ちえ[2007/02/18 21:54:21]

もつ鍋と焼酎! (0)
ちえ[2007/02/10 21:03:51]

かんたん焼きチーズのおつまみ (2)
ちえ[2007/02/04 14:39:17]

Copyright © Kyoya Distiller & Brewer Co.,Ltd. All Rights Reserved.